<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

失敗しないワイン選び、名脇役な名優!メルローについて

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは博多あゆむです。

今回、フランスのボルドーなどて高品質なワインを生むメルローについて掘り下げて書いていきたいと思います。ボルドーではブレンド用として使われる事の多い品種ですが、単体でも高品質のメルローは沢山あります。

では、このメルローがどのような味わいでどのようなぶどうなのか。

 

メルローの特徴

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味★★

酸味

苦味

渋み★★

 

良く表現される香り

プルーン  ブラックチェリー  コーヒー  チョコレート

 

熟成対応年数

2〜10年※高品質な物は30年以上熟成対応

 

主な産地

フランスボルドー右岸  アメリカ チリ 日本

 

よく合う食事

お肉  牛すき焼き 豚の角煮

お魚  鮎の甘露煮

お野菜  蓮根のきんぴら 那須の田楽

その他  カマンベールチーズ 赤味噌

 

博多あゆむ的料理とのマリアージュ

※メニューが決まり次第追記致します。

 

メルローは赤ワインの中では中程度の味わいの濃さのワインになることが多く、酸味が少なく渋みもそれほど強くなくマイルドで、かつ果実味はしっかりある為、赤ワインの酸味や苦みが苦手な方は是非メルロー単一を飲んでみて下さい。

本来は、そのマイルドさを生かして、酸味と渋みがギチギチのカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンド用のぶどう品種として親しまれてきました。ですが最近では、ワインにおけるニューワールドにて単一で高品質なメルローが沢山排出されてます。日本のメルローも近年世界的に評価され始めてますよ。

発祥の地はフランスのボルドーでぶどうは早熟で房や実大きく皮は薄い。

 

料理と合わせる際に気をつけること

赤ワインに合いそうな食べ物には比較的合わせやすいメルロー。

お魚料理も煮付けや醤油を使った焼き魚だと合わせやすいかと。

でもあまりに淡白な物などは白ワインと合わせた方が無難ですね。

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 


コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM