<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

失敗しないワイン選び、日本から世界へ! 甲州について

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは博多あゆむです。

今回は日本が世界に誇る白ぶどう品種、甲州について掘り下げて書いていきます。

和食とワインの代名詞ともいえる甲州の歴史や味わいなどを。

 

甲州の特徴

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味

酸味★★

苦味

渋み

 

よく表現される香り

レモン  ライム  グレープフルーツ 白桃

 

主な産地

日本(山梨県  島根県  山形県)

 

熟成対応年数

2〜5年

 

よく合う食事

お肉  あっさり目の味付けの鶏肉や豚肉

お魚  アサリの酒蒸し  ニジマス  牡蠣

お野菜  筑前煮  風呂吹き大根  

その他  

 

博多あゆむ的食事とのマリアージュ

※メニューが決まり次第追記致します

 

甲州の発祥は二つほど言い伝えがあり、1186年に勝沼で雨宮かげゆ(勘解由)さんという方が発見したというお話と、奈良時代に行基という僧侶が発見したというお話があります。

甲州自体の味わいは軽く、なかなか凝縮感あるワインを作るのは難しい品種なのですが、近年、日本の栽培家、醸造家達の努力により世界的なコンクールで賞を取るほど品質が向上しています

ぶどうの皮は赤紫色で、房と実は程よく大きく果汁が多い。

 

食事と合わせる際に気をつける事。

素材の味を活かす和食に合わせやすく、特に魚貝との相性で良い仕事をしますが、青魚とは喧嘩致します。甲州は軽いので飲み始めに食べ始めにオススメです。ですが、その時に青魚やマグロの刺身と合わせると失敗しちゃう事が多いので気を付けて下さいね。、

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 


コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM