<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

失敗しないワイン選び、イタリアワイン について

JUGEMテーマ:お酒

こんにちは博多あゆむです。

飲食店でワインを扱う方とかは試飲会に行かれる事が有ると思いますが、イタリアワインって試飲会が多いですよね。そんなイタリアワインのご説明を少しだけ。

 

歴史

イタリアでは、紀元前2000年以上前からワイン造りが行われていたそうです。本格的にワイン作りを始めたのが紀元前8世紀で、ギリシャ人により伝わったそうです。ローマ帝国時代にヨーロッパ全域(ドイツ、フランス、スペインなど)を植民地化した時に植樹したぶどうが現在までのそれぞれの国のワインの源流なっています。

中世になるとワイン文化を修道院が支えます。当時は信仰の為の薬用としてワインら扱われていました。のちに経済が発展しワインが普及して一般の方までワインが食事の一部となるまでなります。

18世紀後半にフランスなどでフィロキセラの病害が起こり20世紀にイタリアの畑に蔓延する迄はイタリアワインは栄えます。しかし、フィロキセラが蔓延してからは、イタリアワインは景気の悪さも重なり荒廃してしまいます。

1970年頃から、生産者の一部が、フランスの最先端技術を導入などにより、イタリアワインは盛り返します。

現在もイタリアワインは成長しており、2000をも超える土着品種とそれぞれの土地の風土を生かし、他国には無い多様性のあるワイン造りが行われています。

 

有名な土着品種個人的に好きな土着品種

ネッビオーロ

主にピエモンテ州で生産される赤ワイン用ぶどう。ピノ・ノワールと似通った部分もあるが、酸味、タンニンが強い。バローロという、イタリアワイン最高峰の赤ワインの原料にもなる。、

サンジョベーゼ

主にトスカーナ州で生産される赤ワイン用ぶどう。酸味、タンニンのバランスが良い。値段はピンからキリまであるが、安価で高品質な掘り出し物があるのも魅力の一つ。

モンテプルチャーノ・タブルッツォ

イタリア中部のアブルッツォ州で生産される赤ワイン用ぶどう。ミディアムボディになる事が多く、比較的安価でデイリーの赤として食事と楽しみたいワイン。安すぎるとハズレもありますが笑

プリミティーボ

イタリア南部で生産される赤ワイン用ぶどう。アメリカのジンファンデルと同一品種で果実味がしっかり感じ、酸味と渋みもなかなかあり肉料理に最適な赤ワイン。

ヴェルディッキオ

イタリア中部のマルケ州で生産される白ワイン用ぶどう。少し緑色がかった色になり、ライムなどの柑橘系の香りや青リンゴの香りのワインになる。個人的判断では少し苦味を感じる甲州ワインのような味わい。

マルヴァジーア

イタリア全土で生産されている白ワイン用ぶどう品種。黄色みがかった色調になりアプリコットや桃の香りのワインになる。樽の香りをつけてあるのも多い。

グレーラ

主にイタリア北部のヴェネト州で生産される。以前はプロセッコと呼ばれてた品種で青リンゴのような爽やかなスパークリングワインを生み出す。

 

有名な州

ピエモンテ州

イタリア北部で最も重要な産地。バローロ、バルバレスコ、カヴィなどのワインが産み出される。

ヴェネト州

イタリア北部の産地、レーズンのようにぶどうを陰干しにして独特な製法で作られるアマローネや甘口のレチョートをはじめ、白ワインのソアーヴェ、スパークリングワインのプロセッコなどが有名。

ロンバルディア州

ピエモンテ州とヴェネト州に挟まれたイタリア北部の産地。フランチャコルタというシャンパーニュに負けない品質のスパークリングワインを産み出す。

トスカーナ州

イタリア中部の産地。イタリアを代表する土着品種、サンジョベーゼから作られるキャンティクラシコやブルネッロディモンタルチーノが有名。作られるワインの75%が赤ワインであります。

 

 

イタリアは全20州ある中で、全ての州でワイン造りが行われていています。イタリアワインは州ごとに重要な品種があり、それぞれの州に伝統的な製法があったりと多種多様が特徴ですので、全てを把握するのは莫大な時間と多大なる予算、そして何より果たしてそれを覚えれるのかという事になります(笑)

また、D.O.C.Gなどの格付けを覚えようとしたらまた、、、。頭がパンクしちゃいますよね!

種類が多すぎて分かりにくいからこそ、頻繁にイタリアワインの試飲会が行われているのでしょうが、実は飲食店の人達も訳も分からず飲んでこれ美味しい、あれ苦手などイタリアワインの概要を掴めず参加してる方が沢山いる側面があると思います。

提供する側としてはある程度は勉強していて欲しいなと思う所ですがなかなか難しいのでしょうね。(´・ω・`)

 

トップページはこちらから

 

 

 


コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM