<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

失敗しないワイン選び、ワイングラスの違いって?

JUGEMテーマ:お酒

こんにちは博多あゆむです。
今回はワイングラスについて触れていきたいと思います。白ワイン用、赤ワイン用、はたまたぶどう品種別と、突き詰めて行くと様々なグラスが御座います。そのグラスについて。

 

ワイングラス
まず、グラスの違いでワインの味わいが変わるなんて、、、と思ってる方へ。
味わいは変ります!僕も初めてその違いを教えて貰った時は衝撃が走る程の劇的な違いがありました。(その時は形状は同じなのですが、材質がガラスとクリスタルの違いでした)
では、何故変わってくるのでしょうか?少しまとめて見ます。大きさや形状の違いを箇条書きにして特徴を出して見ますね。

 

白ワイングラス


グラスの大きさ:小さめ
膨らみ:小さめ
口:小さめ
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:少ない
酸化速度:少ない
芳香性:少ない
冷やして飲む、フレッシュタイプのワインに最適

 

赤ワイングラス


グラスの大きさ:大きめ
膨らみ:大きめ
口:中くらい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:大きい
芳香性:大きい
割とオールマイティなグラスで赤ワイン全般に使えます。

※左が白ワイングラス 右が赤ワイングラス

 

スパークリンググラス(フルートグラス)


グラスの大きさ:小さい
膨らみ:無いか少ない
口:小さく細い
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:少ない
酸化速度:少ない
芳香性:少ない
泡保ちを考えた形状で、フレッシュなスパークリングならこちらで。

 

ボルドーグラス


グラスの大きさ:かなり大きい
膨らみ:大きい
口:大きい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:大きい
芳香性:大きい
でっかいグラスの中に香りを貯めるのがこのグラス。カベルネ・ソーヴィニヨンなどフルボディのしっかりしたワインならこのグラスで。

 

ブルゴーニュグラス


グラスの大きさ:大きい
膨らみ:かなり大きい
口:大きい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:かなり大きい
芳香性:かなり大きい
香りと酸味が際立つワインならこちら、樽熟成の白ワインなんかもおもしろいです。


材質の違いでも味わいは変ります。たまにプラスチック製のワイングラスを見かけますが、プラスチックの匂いがワインの味わいを損ないますのでおオススメ出来ません。ヽ( ̄д ̄;)ノ=
品質ではプラスチック>ガラス>クリスタルといった感じでしょうか。

他にもトライタンだったりクウォークスだったりと海外のワイングラスメーカー独自の新開発素材なんかもあったりします。
材質の違いは、材質の表面を顕微鏡で見るレベルぐらいまで拡大したら違いが分かるのですが、香りを貯めやすい傷といいますか模様があったりして、味わいに変化をもたらします。その材質の自体の触感も影響しますけど。

スパークリングワインの泡の立ち方にも影響したりもします。

 

こだわり始めたらワイングラスもキリが無いなぁ〜とは思いますけど、一度気にして飲んで見てください。もしかしたら、世界が変わるかもしれませんよ?笑

 

トップページはこちらから

 

 

 

人気ブログランキングへ

コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM