<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

食とワインのマリアージュ

JUGEMテーマ:お酒

 

食とワインを高め合い美味しくする

 

こんにちは博多あゆむです!

マリアージュとは、フランス語で”結婚”を意味する言葉なんですが、ワインと食事の良い食べ合わせにこのマリアージュという言葉を使って表現します。お店によってはペアリングとも表現する事があります。

 

そしてその食べ合わせを上手く使える様になると、食材もワインも味わいが引き立つので、かなり、食とお酒が進みます(//∇//)

僕はワインの楽しみ方の中でこのマリアージュが一番好きなのです!

 

そんなマリアージュの楽しみ方を少しだけお教えしますね^_^

 

一般的に肉には赤ワイン、魚には白ワインと言われてます。ですが、厳密に言うと違うのです。

赤身肉には赤ワイン、鳥や豚などの白身肉には白ワイン。赤身の魚や青魚には赤ワイン、白身魚には白ワインが合ったりします。ですがこれも調理法やソースなどの調味料で複雑に変化していきます。

 

よく言われるマリアージュの合わせ方。

 

産地を合わせる

例えばフランスの海沿いで生産されてるワインには、フランスの海沿いの料理を(フランスプロヴァンス地方のロゼワイン×ブイヤベース)。これは、ワインが文化になっている国で言えるマリアージュなのですがそれは何故かと言いますと、その土地の食文化に密接に関わっていっている地酒。地酒と共に食文化は発達していきます故、その地酒がワインだった場合は当然、どちらかに寄せた味わいの物になるのです。

 

香りを合わせる

ワインには様々な香りがあります。その香りと料理の香りを合わせる事で食べ合わせに調和をもたらせます。また、人の味覚は匂いにより左右されます。匂いを合わせるというのはマリアージュを行う上で重要なファクターなんです。

例 ハーブの香りのするソーヴィニヨンブラン×鶏肉の香草パン粉焼き

 

色を合わせる

赤ワインには赤〜黒い物を、白ワインには白〜黄色い物を。

例えば味噌で説明しますと、白味噌は発酵が少なめで乳酸なども少なく白ワインと合います。味噌の甘みと白ワインの酸味のバランスがいいです。

赤味噌は熟成して寝かしてあり、乳酸も多く赤ワインと合います。赤味噌の酸味と重さが赤ワインの酸味と重さと調和しやすいです。

 

甘さを合わせる

ワインの甘さと料理の甘さを合わせるとバランスが良くなります。甘い料理に辛口のワイン、これだとワインの甘みが浮きアルコールが立ってしまいます。逆に甘さを抑えた料理と甘口のワインだと、ジュースと食事のような感覚になります。同程度の甘みが合わせやすいです。

 

濃さを合わせる

甘さに似てますが、ワインによってライト〜フルボディと濃さが様々です。あっさりした料理にはライトボディを、濃厚な料理にはフルボディを。その中間ならミディアムボディと合わせるが良いでしょう。

 

基本的に揚げ物などの油の多い物には合う

油が多いとレモンなどかけてスッキリしたいですよね。ワインはそんなレモンの酸味の代わりを務めてくれる酸味を兼ね備えてます。素材を何にして揚げるのか、調味料は何するのかとかで合わせるワインを変えていくと面白いですよ。

 

温度を合わせる

ワインの適温の幅の中で、料理の温度を合わせると相性が良くなります。

例、白身魚のカルパッチョ×よく冷やした白ワイン

 

荒技!オイルを掛ける

オイルを掛けるだけで相性が良くなる事があります。カルパッチョなんかも実はコレで相性が上がっています。

 

とまぁ、色々ありまして、こういった要素を複合して合わせていくとワインとのマリアージュの完成度が上がっていきます。完璧なマリアージュなんて無いとは思いますが、知ってると食事がうんと楽しくなる事間違いなしですよ〜╰(*´︶`*)╯

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ


お酒・ドリンクランキング

コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM