<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

失敗しないワイン選び、オーストラリアについて

JUGEMテーマ:お酒

 

オーストラリアワインと博多あゆむのウンチク

 

こんにちは博多あゆむです。今回はオーストラリアのワインの歴史から産地や主要品種などをまとめてみます。カジュアルで力強いワインの印象のあるオーストラリアワインについて。

 

歴史

オーストラリアでのワインの始まりは1788年で、イギリスによる植民地船団のアーサーフィリップ提督氏によるものとされる。南アフリカから葡萄の挿し木を持ち込みニューサウスウェルズ(現在のシドニー王立植物園近く)に葡萄を植え栽培した。しかしニューサウスウェルズには葡萄に適さない気候だった為に断念される。

その後1800年代は入植者たちが土地を開拓していき、ブドウ栽培が本格的になっていく。当時は酒精強化ワインがおおかったようです。

主にイギリスに輸出されていたオーストラリアワインですが、品質は着実に上がっていったようですがも長距離の輸出での劣化や、オーストラリアワインへの偏見などでなかなかうまく発展は出来なかったようです。

19世紀末にはフィロキセラに見舞われて葡萄畑は壊滅するも20世紀初頭にオーストラリア南部へ産地を変え、また、アメリカ系移民をはじめ、様々な国の移民が来てオーストラリア国内での趣好が変わっていき甘口の酒精強化ワインから辛口のスティルワインへ移行していった。

近年では、最新技術もどんどん導入して、世界でも指折りの高級ワインを作っていっています。

 

オーストラリアでの代表的な品種

シャルドネ

ソーヴィニヨンブラン

セミヨン

  フランスボルドー原産、貴腐ワインの原料でもある。ブレンドに良く使われ、香りや味に複雑性をもたらすことが多い。

リースリング

シラーズ

  オーストラリア一番の代表品種。フランスローヌの代表品種であるシラーと同一品種でありポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含むの事で健康に良いとも注目されている。ローヌ産ではスパイシーさと濃厚なタンニンと綺麗な酸味が特徴だが、オーストラリア産では、スパイシーさと少なめのタンニンと果実味が豊富なワインになる。

カベルネソーヴィニヨン

メルロー

ピノ・ノワール

 

オーストラリアで代表的な産地

西オーストラリア州

  ワイン生産量自体は少ないがワインの品質はトップクラスと言われている。

南オーストラリア州

  オーストラリア最大のワイン産地で約半分はこの地で生産される。また、フィロキセラによる被害を受けてない土地で、樹齢が古い葡萄も沢山ある。

ニューサウスウェルズ州

  高級ワインから、酒精強化ワイン、デザートワインまで幅広く生産している産地

ヴィクトリア州

  州全体がワイン栽培に適しており、様々なワインが生産されている。

タスマニア州

  ワイン栽培に適さないと言われていたタスマニア州ですが、冷涼な土地にピノ・ノワールやリースリングが適してるのではと様々な挑戦が行われているワイン産地です。

 

まとめ

オーストラリアを語るとやはり一番最初にでる話はシラーズじゃないでしょうか。シラーズはワイン初心者にもオススメ出来る赤ワインだと思います。タンニンが少なく作られる事が多いのでジューシーですがサッパリした味わいになります。食事に合わせる際はややしっかりめの肉料理が吉。オーストラリアワインはヨーロッパ系品種ばかりなので品種の特製さえ知っていれば比較的分かりやすいワイン産地だとおもいますよ。

 

トップページはこちらから

 

 


5月ですね。盆栽成長日記

JUGEMテーマ:趣味

博多あゆむの盆栽成長日記

 

こんにちは博多あゆむです。

3月に購入したミニ盆栽。ちゃんと枯れずに少しづつですが成長しております。

4月の手入れは、肥料を少しだけ与えて風通しの良い場所に置き、毎日たっぷりの水を与えてました。

5月の手入れは、剪定を少しだけ( ´∀`)芽摘みってやつを少し。伸ばしたく無い所をハサミでチョキっとしました。あとは4月同様の育て方で。

芽を摘むのは慣れていないと怖いですけどね(笑)

ちょっと調子に乗って新しい盆栽を買おうかなとか思っております。何か別の種類のやつでも〜d( ̄  ̄)

 

トップページはこちらから

 


包丁の格安仕入れd( ̄  ̄)

JUGEMテーマ:独立開業・起業

福岡県で安く包丁が手に入る!!

 

こんにちは博多あゆむです。

今日は新古や中古ですが、新品で買うと5〜10倍ぐらいの値がつきそうな包丁を販売している方にお会いした事を書きます。

 

きっかけは知り合いの社長さん。

Facebookで投稿していたを気になり見に行ってみたんです。

 

レトロ包丁から新古まで置いてあり、普段包丁屋さんで包丁を買っていた僕は値段に驚きました(°▽°)これなら、新品1本買う値段で4〜5本平気で買えてしまうんです!だいたい、一本2千円〜4千円ぐらいで売られてるんです!

勿論買いましたd( ̄  ̄)

焼き入りステンレス牛刀2本と安来鋼の柳葉包丁と天然石の砥石。これ全部で7500円。これは安くないですか〜?

帰ってせっせと砥石を整えて包丁研ぎました。

 

これは、実際に開業する時にまたお世話になりそうです。

この包丁屋さん普段は秋月で商売をされているそうですが、仕入れなどの際はお店を開けるみたいなので気になった方はお店の場所や連絡先をお教えしますのでコメントでもして下さい^_^

 

トップページはこちらから


塩に拘る。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

こんにちわ博多あゆむです。

 

お店では、お肉や天ぷらとワインを引き立て役の塩。

三種類ぐらいは常備で置いときたいと思っております。

イカ墨と赤ワインで作るミネラルたっぷりの自家製『黒塩』

シラーやゲヴェルツトラミネールと凄く合いそうな独自スパイスの『カレー塩』

イタリア産の香り高い『トリュフ塩』

 

とかを考えております。

 

季節事にスポットで違う塩を用意しても面白そうだと思うんですよね。

 

ソーヴィニヨンブランと合わせたくなるようなハーブ塩だったり、昆布の旨味を吸わした昆布塩や、柑橘のピールを使った爽やかな塩だったり、塩を燻製してみたりと塩だけでもバリエーションは広がります。

 

その都度、ワインとのペアリングが楽しめるのもお客様にとって博多あゆむでの楽しみになれば良いなと思っております。

 

トップページはこちらから

 


皆さんお店出すなら何処に出しますか?

こんにちは博多あゆむです。今回は

 

お店を出す時にかなり重要な立地についてのお話。

 

皆さまが店舗を構えてお店を出す時の、場所ってどのへんか決まってますか??

 

「自分が育った地元で開きたい!」 「オシャレな海辺で出したい」「古民家でやりたい!」「商業都市でやりたい」など人それぞれやりたい場所ってのがあるのかと思います。

 

ですが、その前に考えて欲しい事が有るのです。

 

お店のコンセプトは?

狙う客層は?

客単価は?

など、

 

実際にお店が売り出したい事とその地域が求めるお店なのかを見出して下さい!

 

どれだけの人が呼べて、どれだけ回転して、どれだけお客様が使うのか。

 

それは土地で変わるのです。

 

それが合致すると、あまり宣伝しなくとも、しっかりとしたサービスが出来れば自然と繁盛店になっていくと思います。

前に、お店を多く手掛けている建築家の方は、立地で8割成功確率が変わるとも言われてました。

 

極論、やりたいサービスを優先してそれに合う土地を見つけるか、やりたい土地を優先してそこに見合うサービスをするかだと思います。

 

 

自分は前者を選ぼうと思っております。( ̄▽ ̄)

 

あと、物件選びのなのですが、特に居抜きの場合は内装工事を担当してくれる方と内覧した方が良いと思います。

よけいな工事をしない為にもですね。

 

まぁ、まだまだ未熟な僕が言えた事では無いんですがね(*´-`)

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

トップhttp://hakataayumu.jugem.jp/?eid=45ページはこちらから

 


博多あゆむブログトップページ

天ぷらと炭火とワイン 博多あゆむのブログのトップページになります。少しづつですが更新してまいります。

 

お店の情報

ワインコラム

  •  ワインの種類 

ワインの種類

白ワイン

赤ワイン

ロゼワイン

スパークリング

  •  ぶどう品種

世界的に有名な白ワイン用ぶどう品種5

その他の白ぶどう品種

世界的に有名な赤ワイン用ぶどう品種5

その他の黒ぶどう品種

 

  • 国ごとの特徴

フランス

その他ヨーロッパ

ニューワールド

日本

アメリカ

オーストラリア

南アフリカ

チリ

ニュージーランド

 

  • その他の雑学

美味しくワインを飲むためのアレやコレのまとめ

 

ワインと合わす おつまみ レシピ

  • 食事とワインの基礎知識
  • 前菜
  • お魚料理
  • お肉
  • ご飯物・粉物
  • スイーツ

ロゼスパークリングに合わす苺とマスカルポーネのどら焼き

  • 白ワインに合う
  • 赤ワインに合う

失敗しないワイン選び。ワインの適温について

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは博多あゆむです。

ワインには飲みごろ温度があると聞いたことはある方は居ると思いますが何故か分かりますか?

 

ワインの飲み頃温度とは

ワインの飲み頃温度は白ワインが5℃〜12℃、赤ワインは14℃〜18℃と言われています。
人は食べ物や飲み物を口にした時に感じる味に食べ物の温度が大きく関わります。
例えば、アイスのガリガリ君ソーダ味で例えて見ます。冷たい時は、ソーダ味の酸味、甘さが丁度いいのに、温度が上がって溶けてくると、ソーダの酸味が感じられず甘ったるく感じてしまいます。

何故でしょう?


それは温度が冷たいときに引き立つ味、暖かい時に引き立つ味があるからです。

冷たい時には
塩味、苦味
暖かい時には
甘さ、香りが引き立ちます。

そして、その味覚の影響で酸味、旨味の感じ方も変わってくるのです。

 

ワインにそれを置きかえるとこうなります。

ワインでは甘さ、酸味、苦味(タンニン)、香り、旨味が大きく影響しています。

白ワインはさっぱりと酸味を活かした飲み方が美味しいですよね。
冷たいと苦味が引き立たち後味のキレが良くなります。また、甘さが感じにくくなる事で酸味が引き立ちます。
逆に温かくすると、酸味と苦味が薄く感じて、後味がボケた感じになります。

 

赤ワインは、渋みと香りと酸味のバランスが大事ですよね。
5℃くらいの冷たい温度で飲むと、酸味と苦味が引き立ちます。苦味が引き立つとタンニンの渋さも強く感じる為、味のバランスが悪くなります。※元々タンニンの少なく、酸味があるワインだと冷やしても美味しいですよ。
14℃くらいだと、酸味、苦味のバランスが良くなります。また、香りが立って味わいに複雑性が出てきます。
逆に温度を上げて25℃くらいで飲んでみると、果実味や酸味が減り、少し甘ったるく感じて後味がボケちゃいます。


まとめ
ワインを飲むとき適温で飲む事でワイン本来の味で飲む事ができます。
料理だってそうです。出来立てのアツアツが美味しいのもあれば冷やして食べたい物もある。
色々と意識して飲んでみると楽しいですよ〜。

トップページはこちらから

 


勤めを辞めてからの税金のお話。

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

こんにちは博多あゆむです。

みなさんがもし開業を志すなら知っておいて欲しい、会社を辞めてからの税のお話。開業しなくとも失業したら知っておいた方が良いと思いますが^_^

まず会社を辞める時の自分の状況を整理していて下さい

  1.   雇用保険は加入していたか。
  2.   健康保険は、社保なのか国保なのか。
  3.   年金も、厚生年金なのか国民年金なのか。
  4.   住民税は会社が立て替えてるのか自分で払っているのか。

  雇用保険
まず、雇用保険に加入していならば加入年数に伴い、失業保険が適用されます。
会社を辞めた日から10日以内に届け出が義務付けられている退職届を会社にやってもらい、会社から離職票を貰いましょう。
その離職票と、マイナンバーカード、印鑑などをハローワークに持って行って手続きをすると7日間の待機のあとに失業保険の認定が始まります。
注意※仕事を探す気の無い方、もう別の仕事をする事が決まっている方、自営を始める方などは失業給付金対象外です。

健康保険と年金
勤めていた会社で、社会保険や厚生年金を払って貰っていた方は国民年金健康保険、国民年金の移行手続きが必要です。

住民税
住民税も会社が立て替えて払っていた特別徴収ならば、会社から今期分を給料天引きで一括で支払ってもらうか、普通徴収に切り替え手続きを会社にして貰って自分で支払うかを決めないといけません。


まとめ
まず失業保険を貰おうと思う方は、なるべく早く会社から離職票を貰って下さい。遅れた分だけ、給付金日数が遅れます。再就職する時などのお祝い金の給付も遅れる場合があるという事です。
※自営を自分で始める時にもお祝い金が貰えるみたいですが、開業準備をしながら失業保険給付を受けると不正受給になるようなのでその辺の細かい矛盾はハローワークに直接尋ねてみてください。
年金、保険、住民税など前年の収入によって支払う金額が決ります。結構この金額がバカにならないぐらい多いので、早めに手続きをして滞納ないようにしましょうね。

特に住民税を滞納すると、お金の借り入れにも影響しますので気をつけて下さいね!

 

トップページはこちらから

 

 

 


失敗しないワイン選び、ワイングラスの違いって?

JUGEMテーマ:お酒

こんにちは博多あゆむです。
今回はワイングラスについて触れていきたいと思います。白ワイン用、赤ワイン用、はたまたぶどう品種別と、突き詰めて行くと様々なグラスが御座います。そのグラスについて。

 

ワイングラス
まず、グラスの違いでワインの味わいが変わるなんて、、、と思ってる方へ。
味わいは変ります!僕も初めてその違いを教えて貰った時は衝撃が走る程の劇的な違いがありました。(その時は形状は同じなのですが、材質がガラスとクリスタルの違いでした)
では、何故変わってくるのでしょうか?少しまとめて見ます。大きさや形状の違いを箇条書きにして特徴を出して見ますね。

 

白ワイングラス


グラスの大きさ:小さめ
膨らみ:小さめ
口:小さめ
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:少ない
酸化速度:少ない
芳香性:少ない
冷やして飲む、フレッシュタイプのワインに最適

 

赤ワイングラス


グラスの大きさ:大きめ
膨らみ:大きめ
口:中くらい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:大きい
芳香性:大きい
割とオールマイティなグラスで赤ワイン全般に使えます。

※左が白ワイングラス 右が赤ワイングラス

 

スパークリンググラス(フルートグラス)


グラスの大きさ:小さい
膨らみ:無いか少ない
口:小さく細い
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:少ない
酸化速度:少ない
芳香性:少ない
泡保ちを考えた形状で、フレッシュなスパークリングならこちらで。

 

ボルドーグラス


グラスの大きさ:かなり大きい
膨らみ:大きい
口:大きい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:大きい
芳香性:大きい
でっかいグラスの中に香りを貯めるのがこのグラス。カベルネ・ソーヴィニヨンなどフルボディのしっかりしたワインならこのグラスで。

 

ブルゴーニュグラス


グラスの大きさ:大きい
膨らみ:かなり大きい
口:大きい
特徴からみる機能性
注いでからの温度変化:大きい
酸化速度:かなり大きい
芳香性:かなり大きい
香りと酸味が際立つワインならこちら、樽熟成の白ワインなんかもおもしろいです。


材質の違いでも味わいは変ります。たまにプラスチック製のワイングラスを見かけますが、プラスチックの匂いがワインの味わいを損ないますのでおオススメ出来ません。ヽ( ̄д ̄;)ノ=
品質ではプラスチック>ガラス>クリスタルといった感じでしょうか。

他にもトライタンだったりクウォークスだったりと海外のワイングラスメーカー独自の新開発素材なんかもあったりします。
材質の違いは、材質の表面を顕微鏡で見るレベルぐらいまで拡大したら違いが分かるのですが、香りを貯めやすい傷といいますか模様があったりして、味わいに変化をもたらします。その材質の自体の触感も影響しますけど。

スパークリングワインの泡の立ち方にも影響したりもします。

 

こだわり始めたらワイングラスもキリが無いなぁ〜とは思いますけど、一度気にして飲んで見てください。もしかしたら、世界が変わるかもしれませんよ?笑

 

トップページはこちらから

 

 

 


お店を出す際の開店資金その1

JUGEMテーマ:独立開業・起業

こんにちは博多あゆむです。

 

今回はお見せを出す為には絶対関わってくるお金。そのお話を。

 

飲食店を開業するには、ざっと不動産取得、内装、什器、仕入れなどもろもろで平均約900万円ぐらいは必要と言われてます。まぁ、居抜き店舗などをうまく使えばもっと金額を抑えれたりはしますが。

900万円も開業された方々の平均データで、中には1200万円だったりする事もザラだと思われます。

 

でも、僕もですがそんな大金持ってません笑

特に飲食で勤めてるとブラックなお店が多い( ̄▽ ̄)ので給与が低く、貯金なんてって方も沢山おられると思います。では、皆さんどうやってお金を集めてるでしょうか?

 

その方法を箇条書きにしてみます。

  1. 自分で貯める
  2. 知人に借りる
  3. 銀行に借りる
  4. 日本政策金融公庫に借りる
  5. 補助金、助成金をもらう

こんな選択肢がざっとあると思うのですが

1の自分で貯めるはもちろん、ガムシャラに働いて節約して、コツコツ時間をかけて貯める。もしくは若い下積み時代の時から保険の積立なんかでお金を貯めるなど、労力と時間と計画性が必要になってくると思います。あとは、宝くじなんかが当たればとかそんな感じでしょうか(笑)

 

2の知人に借りるは、お金というシビアなものしかも大金になるであろうから余りオススメは出来ないですよね。本当に恵まれた環境の人や、素晴らしい人間性の人、投資しても良いと思われる位の実力がある人などが出来る狭き選択肢ではないでしょうか。

 

3の銀行に借りる、ココぐらいから現実的なお話になると思います。銀行に問い合わせて、事業計画書を提出したり、面談をしたりして、銀行や保証協会の許可を得て借り入れをする。銀行の方も貸したお金を回収しなきゃいけないので、しっかりとした予算、運営計画が出来ているかをしっかり審査されます。この計画を疎かにしちゃうと、借り入れ出来ても経営がうまくいかないという話を聞いた事もあります。

 

4の日本政策金融公庫に借りるは、創業者の内の大半がこちらの期間にお世話になっていると思います。何せ金利が安いんです。そして小口融資を積極的やってくれるようです。こちらから借り入れする場合もしっかりとした事業計画書の提出は必須になります。商工会や創業支援施設、不動産、建設会社、厨房機器のお店なども創業の相談をした時にはこの、日本政策金融公庫をお勧めしてきます。

 

5の補助金や助成金。 基本的には返さなくて良い貰えるお金です。これは国を味方につけてやらなければいけません。大体年度ごとに助成金などの内容が変わるので、常に最新の情報にアンテナを張って自分がどれに当てはまるかを、そして細かい申請をしなきゃいけません。助成金の申請などはかなり難しいので専門家などに相談し、話を進めてた方が良いみたいです。

 

 

 

自分の自己資金ですべてを賄う事は大変難しいですが、様々な機関を味方につければお店のお金は用意出来るようですね。まずは開店資金、そして運営資金で毎月どのくらいのコストが出てくるかを明確に予測して、どのくらいのお金が必要になるかを計算して、目標を決めなきゃですね。ちなみに自己資金がある程度あればお金も借りやすくなるようですので、貯めるに越したことは有りませんよ!なかなか難しいんですけどね!