<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

失敗しないワイン選び、イタリアワイン について

JUGEMテーマ:お酒

こんにちは博多あゆむです。

飲食店でワインを扱う方とかは試飲会に行かれる事が有ると思いますが、イタリアワインって試飲会が多いですよね。そんなイタリアワインのご説明を少しだけ。

 

歴史

イタリアでは、紀元前2000年以上前からワイン造りが行われていたそうです。本格的にワイン作りを始めたのが紀元前8世紀で、ギリシャ人により伝わったそうです。ローマ帝国時代にヨーロッパ全域(ドイツ、フランス、スペインなど)を植民地化した時に植樹したぶどうが現在までのそれぞれの国のワインの源流なっています。

中世になるとワイン文化を修道院が支えます。当時は信仰の為の薬用としてワインら扱われていました。のちに経済が発展しワインが普及して一般の方までワインが食事の一部となるまでなります。

18世紀後半にフランスなどでフィロキセラの病害が起こり20世紀にイタリアの畑に蔓延する迄はイタリアワインは栄えます。しかし、フィロキセラが蔓延してからは、イタリアワインは景気の悪さも重なり荒廃してしまいます。

1970年頃から、生産者の一部が、フランスの最先端技術を導入などにより、イタリアワインは盛り返します。

現在もイタリアワインは成長しており、2000をも超える土着品種とそれぞれの土地の風土を生かし、他国には無い多様性のあるワイン造りが行われています。

 

有名な土着品種個人的に好きな土着品種

ネッビオーロ

主にピエモンテ州で生産される赤ワイン用ぶどう。ピノ・ノワールと似通った部分もあるが、酸味、タンニンが強い。バローロという、イタリアワイン最高峰の赤ワインの原料にもなる。、

サンジョベーゼ

主にトスカーナ州で生産される赤ワイン用ぶどう。酸味、タンニンのバランスが良い。値段はピンからキリまであるが、安価で高品質な掘り出し物があるのも魅力の一つ。

モンテプルチャーノ・タブルッツォ

イタリア中部のアブルッツォ州で生産される赤ワイン用ぶどう。ミディアムボディになる事が多く、比較的安価でデイリーの赤として食事と楽しみたいワイン。安すぎるとハズレもありますが笑

プリミティーボ

イタリア南部で生産される赤ワイン用ぶどう。アメリカのジンファンデルと同一品種で果実味がしっかり感じ、酸味と渋みもなかなかあり肉料理に最適な赤ワイン。

ヴェルディッキオ

イタリア中部のマルケ州で生産される白ワイン用ぶどう。少し緑色がかった色になり、ライムなどの柑橘系の香りや青リンゴの香りのワインになる。個人的判断では少し苦味を感じる甲州ワインのような味わい。

マルヴァジーア

イタリア全土で生産されている白ワイン用ぶどう品種。黄色みがかった色調になりアプリコットや桃の香りのワインになる。樽の香りをつけてあるのも多い。

グレーラ

主にイタリア北部のヴェネト州で生産される。以前はプロセッコと呼ばれてた品種で青リンゴのような爽やかなスパークリングワインを生み出す。

 

有名な州

ピエモンテ州

イタリア北部で最も重要な産地。バローロ、バルバレスコ、カヴィなどのワインが産み出される。

ヴェネト州

イタリア北部の産地、レーズンのようにぶどうを陰干しにして独特な製法で作られるアマローネや甘口のレチョートをはじめ、白ワインのソアーヴェ、スパークリングワインのプロセッコなどが有名。

ロンバルディア州

ピエモンテ州とヴェネト州に挟まれたイタリア北部の産地。フランチャコルタというシャンパーニュに負けない品質のスパークリングワインを産み出す。

トスカーナ州

イタリア中部の産地。イタリアを代表する土着品種、サンジョベーゼから作られるキャンティクラシコやブルネッロディモンタルチーノが有名。作られるワインの75%が赤ワインであります。

 

 

イタリアは全20州ある中で、全ての州でワイン造りが行われていています。イタリアワインは州ごとに重要な品種があり、それぞれの州に伝統的な製法があったりと多種多様が特徴ですので、全てを把握するのは莫大な時間と多大なる予算、そして何より果たしてそれを覚えれるのかという事になります(笑)

また、D.O.C.Gなどの格付けを覚えようとしたらまた、、、。頭がパンクしちゃいますよね!

種類が多すぎて分かりにくいからこそ、頻繁にイタリアワインの試飲会が行われているのでしょうが、実は飲食店の人達も訳も分からず飲んでこれ美味しい、あれ苦手などイタリアワインの概要を掴めず参加してる方が沢山いる側面があると思います。

提供する側としてはある程度は勉強していて欲しいなと思う所ですがなかなか難しいのでしょうね。(´・ω・`)

 

トップページはこちらから

 

 

 


盆栽始めました。

JUGEMテーマ:趣味

 

こんにちは博多あゆむです。

僕の中で、お店のオブジェに置きたいと思っている中で絶対に外せないアイテムの一つ、盆栽。

 

東京のとある店に行った時に内装に一目惚れ。そこにも盆栽が。

自分でする時は置こう。盆栽は絶対置こう。そう心に決めた瞬間がそのお店に入って10秒くらいでしょうか。

第一印象の衝撃とは凄いものですね。

 

しかし、実は僕、盆栽の知識は御座いません。

ので、取り敢えず盆栽を育てようと思います。先ずは体験しようと思いまして。

盆栽屋さんの方にも伺ってみました。

物凄く癒される空間でした。

 

そこの盆栽屋さんの方にいろいろお話しを伺ったのですが、盆栽とは、手間と時間と愛情。これに尽きるとの事でした。先ずは枯らさない様にして下さい。最初は手頃な盆栽を買ってみて毎日世話をやってみて下さいと。

 

そこで、勧められたネットでお手軽盆栽を購入して、僕の盆栽ライフが始まります。

この五葉松を育ててみます。

枯らさないようにじっくり面倒みてみます。

 

トップページはこちらから

 


テンポスバスターズ 覆面調査。

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

こんにちは博多あゆむです。

 

飲食店で独立を考えてる方、もう既にお店を持っているかた達ならお世話になっているのでは無いかな〜と思う、業務用中古

厨房機器販売のテンポスバスターズ、今日はこのテンポスバスターズのお話。

 

こちらのテンポスさん全国展開していらっしゃいまして、この手の業界じゃシェアNo. 1。

新品の厨房機器を大量に一括で仕入れて、安く売る。中古品も沢山取り扱い販売。その他にも、不動産の紹介、店舗デザイン施工、人材育成、販促支援と飲食店向けに様々なサービスを行っている会社で御座います。

 

このテンポスさんの会員になって少しして、あるメールが届きました。

「もれなく〇〇円キャッシュバック!覆面調査のお願い」

 

なんだこれは、、、面白そうではないか!!(決してキャッシュバックという言葉に食いついた訳では無いですよ! やった!安くなるとか思った訳じゃ無いですよ!!あのお皿欲しかったんだよなとか思ってないですよ!!!)

てなわけで早速登録。後日郵送で資料が届きました。※内容は伏せときますm(_ _)m

 

その資料を元に調査の判断基準がありまして、それをしっかり認識した上でお買い物です。

 

そんなこんなでこの覆面調査、やってみて思った事。

まず、働いてる側の普段から評価されているという緊張感からくる従業員への意識の向上、そして、それが店舗のルールの遵守に繋がり、企業全体の底上げになるとみられる。

また、〇〇円キャッシュバックという謳い文句で顧客の購買意欲を高め、来店させ、従業員と関わらせて再来店へ繋げる。少ないですが売り上げも上がる。また、キャッシュバックで売り上げは少なくなるけど実質広告宣伝料はダイレクターメール、書類に使われてる紙とその送料ぐらいであろうことがすごいと思う

 

単純にターゲットとする顧客に、覆面調査をお願いするというのは結構メリットがありそうです。飲食店でも、福岡で有名な焼き鳥八兵衛さんなんかも覆面調査やってるとお聞きした事があります。

自分も多店舗展開できた時には、、なんか思ったりしました。先の事ばっかり思ってもいけませんがね!!

 

トップページはこちらから


遅れてます!が!ホワイトデーにロゼスパークリングに合わせた苺とマスカルポーネのどら焼きのレシピ

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

こんにちは博多あゆむです。

 

バレンタインデーのお返しのホワイトデー。今日はホワイトデーに贈るお酒とスイーツのセットを考えました。

今回のテーマは【ロゼスパークリングと 苺とマスカルポーネのどら焼き】をお送りします。

 

まぁ、バレンタインには義理しか貰ってないんですけどね(T . T)笑

 

お返しにワインと合わせたスイーツをと、近くの酒屋さんでロゼスパークリングを買い、スーパーにてどうスイーツで合わせようかなと考えながらショッピング。まず、青果コーナーにて苺に目が止まる。ロゼの香りにはイチゴのニュアンスがする物が多い。なら買おう。

んじゃあ、苺に何を合わせてスイーツにしよう。クレームダンジュ(ヨーグルトから作るチーズの様なスイーツ)なんか良いんじゃ無いかな!!と思い、ヨーグルトコーナーへ。そして隣のチーズコーナーのマスカルポーネチーズに目が写ってしまいこちらに。

 

苺とマスカルポーネ、、、それに和菓子の要素を加えたいな。と更に思いつきどら焼きという発想に。

 

と、長い前置きはここまででレシピの方へ。

 

苺とマスカルポーネのどら焼きのレシピ

 

 

生地

  1. 薄力粉    180g
  2. オリゴ糖    10g
  3. 重曹    15g
  4. グラニュー糖    140g
  5. 卵    3個(Mサイズだと丁度良いですよ。)
  6. 水    70g
  7. サラダ油    10g

イチゴのジャム

  1. 苺      150g
  2. 水    80g
  3. グラニュー糖    40g
  4. レモン汁    3g

マスカルポーネクリーム

  1. マスカルポーネチーズ    100g
  2. 生クリーム    100g
  3. グラニュー糖   4g

フレッシュ の苺50g

※お好みでバニラオイル、餡子、カスタードなんかを

 

生地から作ります

1  薄力粉を2回ふるいます。

2  卵、グラニュー糖、オリゴ糖、をモッタリするまで混ぜてサラダ油を加えます。

3  水70gに重曹を溶かしを2に入れて、1の薄力粉を練らないようにさっくり混ぜます

4  20分程寝かせます。

5  生地の具合を確認し、固そうなら加水します。(入れても30gぐらいまでですかね。)生地の完成です。

6  フライパンやホットプレートを弱火で温め、サラダ油を少しだけ入れます。(分量外)

7  温まったら、生地をお玉やスプーンなどで少し高めな位置から垂らします。そして蓋をします。

8  表面にふつふつと穴があきあじめたらひっくり返すタイミングです。

9  裏側は表ほど焼かなくても大丈夫です!

10 焼けたら、直ぐにラップなどして蒸らしながら冷やせば生地の完成です。

ジャム

1  いちごを適当な大きさにカット

2  フライパンにカットしたいちご、グラニュー糖、水を投入し、中火〜弱火をかける

3  煮詰まって来てトロミが出始めたらレモン汁を加えて火を止める

4  冷ましたら完成

マスカルポーネクリーム

1  生クリームを八分〜九分立てまでホイップする。

2  グラニュー糖とマスカルポーネを柔くなるまで混ぜる。

3  2に1を二回に分けて混ぜる

仕上げ

生地にクリーム、フレッシュの苺、ジャムを入れて挟めば完成です。

 

今回はロゼスパークリングワインのSECO(セック=中辛)を購入してたので、ワインとの甘さを合わせる為に、甘さ控えめのクリームをたっぷり入れる事にしました。あ、クリームは食べやすいようにしっかり目で立てて下さいね。

入れる物の分量を変えることで合うワインも変わってくると思います。

また、赤ワインと合わせたいなと思ったら、軽めなものをは少し餡子を加えると良いと思います。重めな赤ワインならフレッシュのいちごをとってしまい、たっぷり餡子を入れてみて下さい。

シャンパンや、シャルドネ種のワインならバニラオイルやシードを加えるといいでしょう。

 

ではでは、ホワイトデー、感謝を込めて渡して来ますね。

 

トップページはこちらから


創業塾受講終了

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

こんにちは博多あゆむです。

佐賀の商工会議所で行われていた創業塾の全3回を受講終了致しました^_^

講師としてお話しして下さった方々、大変貴重な時間を割いて色々な事を教えて頂き、ありがとうございました。このブログを見てないとは思いますが!(´・Д・)」

今回の創業塾で学べた事は沢山ありました!!また、創業を志す方達と知り合えたのも良い経験となったと思います。

ooさん今度飲みに行きましょう!!同じく○○さんもこのブログを見てないでしょうが(´・Д・)」

まだまだ自分の環境は整ってませんが、いずれ本格的に創業の準備をする時が来たらこの経験がきっと生きてくると思います!

 

トップページはこちらから

 


福岡で天ぷらと炭火とワインのお店がしたい!

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

こんにちわ!博多あゆむです。

飲食店に勤めてる人のどれぐらいの方が自分お店を持ちたいと思っているでしょうか?長い労働時間、低い給料、それでも続けるのには何かしらのやり甲斐や目標があってこそのものだと思います。

 

 

 

 

自分が飲食業界に首を突っ込んだのは22歳のときでした。その時は、あるカフェに行って自分でもこんなお店を出したい!と思って飲食業界に行ったのですが、最初はかなり甘く見てました。

長い労働時間と低賃金、自分でお店を出す為に計画する時間的余裕、お金を貯める金銭的余裕ともに無いに等しいの状況。最初あった貯金も切り崩してどんどん無くなる。

それでも食らいついて、自分の料理の知識や技術や接客やサービス学び、少しづつ給料も増えていきました。とはいうものの、僕が母子家庭で育ったのもあり、家にお金入れたり、母が体調崩したしまったりして、予期せぬ出費でなかなかお金は溜まりません。

そんなこんなで、自分でお店をやりたいと言いながらも具体的にいつ出そうというかそういう意欲が弱まっていたのが現状でした。

 

でもでもお店をやってみたいその気持ちは消えないのです。

 

お店に勤めて店長を任されて、自分なりに勤めているお店のサービスや料理の質を上げれないかと勉強しに色々なお店にご飯やお酒を飲みに行って、またまた自分がこれやりたい!って気持ちにさせてくれるお店に出逢ったからです。

そのお店はは1店舗じゃありません、接客の質が素晴らしいお店や、雰囲気の作り方が物凄い店、料理とお酒のコンセプトがイカすお店。

 

まだまだ自分の環境は整ってないので準備など具体的に出来ないですがこのブログで妄想だけでもかいとこうと(笑)

 

今回は以上になります。

 

トップページはこちらから

 

 

 

 


創業塾に行って来ました。

JUGEMテーマ:独立開業・起業

 

本日はちょっと足を伸ばして佐賀商工会主催の創業塾(セミナー)に行って参りました!!

創業塾とは

 

これから創業する方や、創業を志す方、創業して間もない方を対象に経営のノウハウや経営するにあたっての基礎知識をその分野での専門家の方達が講師としてセミナーを開いて貰える商工会主催の行事でございます。

全国の商工会でたびたび行なわれいる為、気になる方は是非チェックすべきだと思います!!

 

今回は集客でのマーケティング、雇用や助成金、web集客やSEOについて勉強させてもらいました。

税理士さんからでは無く事業主からみる損益分岐点の計算方法、集客データ、助成金の注意点など非常に為になりました。

新たなビジネスプランなども浮かんで来ました!!

 

今回はここまでです。

 

トップページはこちらから

 


失敗しないワイン選び、ぶどう品種を知ろう/赤ワイン編

JUGEMテーマ:お酒

 

こんばんは、博多あゆむです。

今回はワインを飲む上で、非常に重要なぶどう品種のご説明を致します。世界的に有名な5種のぶどう品種について書いていきます。

 

世界的に有名なぶどう品種 赤ワイン編

 

 

ぶどう品種を抑えるだけで、見えてくるワインの方向性があります!気になる方は是非チェックを

 

カベルネ・ソーヴィニョン

黒ぶどうで最も栽培されていて、認知度も高いぶどう品種で黒ぶどうの王様とも言われます。このぶどうから作られるワインは濃くて渋いしっかりとした味わいになるワインが多いです。また、この品種は晩熟なぶどうで収穫したタイミングで味わいも大きく変わるようで、早く摘んでぶどうが若ければワインの香りが青臭い傾向になり、ぶどうが熟してればカシスのような黒系果実の香りとしっかりとした骨格のワインになります。また、単一で作られる事もありますが、他のぶどう品種とブレンドして作られるのも多い品種です。

有名な産地はフランスのボルドー地区、アメリカ、チリですかね。

この品種のワインはピンからキリまであり、下は五百円以下から上は何十万円ものするのまで。恐ろしいですね(笑)。

食事と合わせる際は、ワインのボリュームを意識して濃い料理と合わせた方がいいです。また、王道のお肉は脂身の多いものにしたり、ソースも重厚感あるソースで。他にも大豆などの豆類なんかも合わせやすいですね。

もっと詳しくカベルネ・ソーヴィニョンを知りたい方はこちら

 

ピノノワール

ワインを飲まない人でも一度は聞いた事あると思うロマネコンティはこのピノ・ノワールから作られております。シャンパンを作る際にも使われています。特徴として基本的には単一品種で作られていて、甘いベリーの香りと繊細な酸味が綺麗な味わいになります。和食にも非常に合わせやすい品種で魚介とも合わせる事が出来るマルチな才能を持ってます。

有名な産地はフランスのブルゴーニュ、アメリカ、ドイツですかね。

食事に合わせる際は、ワインと酸と香りを崩さないぐらいの中程度の濃さの料理がいいでしょうね。

もっと詳しくピノノワールを知りたい方はこちらから

 

シラー(シラーズ)

スパイシーな香りと濃さが印象的なぶどう品種です。南仏が主な産地で、もう一つ有名な産地がオーストラリアです。オーストラリアではシラーズと呼ばれていて、南仏のシラーより、力強いアタックがある印象です。

肉ワインといっても良いぐらい、お肉に合わせやすく、黒胡椒などのスパイスが合わさるとより、シラー特有のスパイシーな香りと良く合います。

もっと詳しくシラーを知りたい方はこちらから

 

メルロー

メルローといえばカベルネソーヴィニヨンのブランドに使われる名脇役的な存在に見られがちですが、このメルロー単体からでも高品質なワインは沢山あります。メルローはマイルドさと控えめな酸味が特徴で、ワインの酸味が苦手な人にはメルローをよく進めてます。

世界的に栽培されてますが有名な産地はフランスのボルドー地区、アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、日本とかですね。

食事と合わせる時は、比較的中程度の濃度の料理と合わせると良いと思います。赤味噌を使った茄子田楽とメルロー、割といけますよ。

もっと詳しくメルローを知りたい方はこちらから

 

マスカットベーリーA

黒ぶどうで一番有名な日本固有品種です。キャンディーや甘いイチゴのような香りと軽い味わいが特徴のぶどうです。軽い味わいなので世界のワインを飲み慣れた方には物足りなさを感じるかもしれません。しかし、逆にワイン初心者にはとっつきやすい味わいのワインになると思います。

軽めの味わいは和食にも合わせやすいので、和食とワイン、初めはマスカットベーリーA。良いと思います。

もっと詳しくマスカットベーリーAを知りたい方はこちらから

 

 

トップページはこちらから