<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

失敗しないワイン選び、オーストラリアについて

JUGEMテーマ:お酒

 

オーストラリアワインと博多あゆむのウンチク

 

こんにちは博多あゆむです。今回はオーストラリアのワインの歴史から産地や主要品種などをまとめてみます。カジュアルで力強いワインの印象のあるオーストラリアワインについて。

 

歴史

オーストラリアでのワインの始まりは1788年で、イギリスによる植民地船団のアーサーフィリップ提督氏によるものとされる。南アフリカから葡萄の挿し木を持ち込みニューサウスウェルズ(現在のシドニー王立植物園近く)に葡萄を植え栽培した。しかしニューサウスウェルズには葡萄に適さない気候だった為に断念される。

その後1800年代は入植者たちが土地を開拓していき、ブドウ栽培が本格的になっていく。当時は酒精強化ワインがおおかったようです。

主にイギリスに輸出されていたオーストラリアワインですが、品質は着実に上がっていったようですがも長距離の輸出での劣化や、オーストラリアワインへの偏見などでなかなかうまく発展は出来なかったようです。

19世紀末にはフィロキセラに見舞われて葡萄畑は壊滅するも20世紀初頭にオーストラリア南部へ産地を変え、また、アメリカ系移民をはじめ、様々な国の移民が来てオーストラリア国内での趣好が変わっていき甘口の酒精強化ワインから辛口のスティルワインへ移行していった。

近年では、最新技術もどんどん導入して、世界でも指折りの高級ワインを作っていっています。

 

オーストラリアでの代表的な品種

シャルドネ

ソーヴィニヨンブラン

セミヨン

  フランスボルドー原産、貴腐ワインの原料でもある。ブレンドに良く使われ、香りや味に複雑性をもたらすことが多い。

リースリング

シラーズ

  オーストラリア一番の代表品種。フランスローヌの代表品種であるシラーと同一品種でありポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含むの事で健康に良いとも注目されている。ローヌ産ではスパイシーさと濃厚なタンニンと綺麗な酸味が特徴だが、オーストラリア産では、スパイシーさと少なめのタンニンと果実味が豊富なワインになる。

カベルネソーヴィニヨン

メルロー

ピノ・ノワール

 

オーストラリアで代表的な産地

西オーストラリア州

  ワイン生産量自体は少ないがワインの品質はトップクラスと言われている。

南オーストラリア州

  オーストラリア最大のワイン産地で約半分はこの地で生産される。また、フィロキセラによる被害を受けてない土地で、樹齢が古い葡萄も沢山ある。

ニューサウスウェルズ州

  高級ワインから、酒精強化ワイン、デザートワインまで幅広く生産している産地

ヴィクトリア州

  州全体がワイン栽培に適しており、様々なワインが生産されている。

タスマニア州

  ワイン栽培に適さないと言われていたタスマニア州ですが、冷涼な土地にピノ・ノワールやリースリングが適してるのではと様々な挑戦が行われているワイン産地です。

 

まとめ

オーストラリアを語るとやはり一番最初にでる話はシラーズじゃないでしょうか。シラーズはワイン初心者にもオススメ出来る赤ワインだと思います。タンニンが少なく作られる事が多いのでジューシーですがサッパリした味わいになります。食事に合わせる際はややしっかりめの肉料理が吉。オーストラリアワインはヨーロッパ系品種ばかりなので品種の特製さえ知っていれば比較的分かりやすいワイン産地だとおもいますよ。

 

トップページはこちらから

 

 

人気ブログランキングへ


search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM