<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

失敗しないワイン選び!ワインの種類を知ろう/博多あゆむ

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは!福岡で和食とワインの専門店を開業予定の博多あゆむです。

今日はワイン選びに知って得するワインコラム第1弾

 

ワインの種類について

 

書きます。

ワインといえば皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?

中には難しくて分からない!って方もいらっしゃるとおもいます。そんな方々の為にも分かりやすくご説明出来ればと!

 

ワインの種類には大きく分けて“赤ワイン”白ワイン”ロゼワイン”スパークリングワイン”酒精強化ワイン”貴腐ワイン”などがあります。

 

赤ワイン

文字どうり赤いワインです(笑)何故赤いかといいますと、黒ブドウと言われるブドウからワインとして作られてまして、ぶどうの皮ごと造るから赤い色になります。

赤ワインの特徴と言えば渋みだと思いますが、赤ワイン=渋いとは一概には言えません。使ってるぶどう品種の違いや、お国柄、生産者の個性により変わっていきます。

赤ワインを飲み慣れてない方にとってフルボディの強い渋みは強烈です。先ずはライトボディ〜ミディアムボディから飲んでみるのをお勧め致します。

ボディって何って方は

赤ワインの主要ぶどう品種についてはこちら

 

白ワイン

白ワインの色は透明〜黄色です。こちらは白ブドウから作られています。基本的にはブドウの皮は取ってワイン造りをします。ですから果汁の色がそのままダイレクトにでて透明〜黄色になるのです。
赤ワインのボディと違って甘口だの辛口だので味わいの表記が変わってきます。そして、白ワインも赤ワイン同様、使っているぶどう品種、お国柄、生産者の個性によって味わいが異なります。
ワインのアルコールが強いと感じる方は甘口白ワインから飲んで行く事をお勧め致します。

白ワインのぶどう品種についてはこちらから

 

ロゼワイン

ピンク色のワイン。造り方はいろいろありますが赤ワインの造り方の途中で赤色がつく前に皮を取り出してピンク色に止めるのが一般的。世界で生産されてる量は赤ワインや白ワインに比べて少ないですが、食事に合わせやすく日本でも徐々に人気が出てきてるワイン。味わい評価は甘口〜辛口で表される事が多い。

白ワイン同様、ワインのアルコールが強いと感じるかたは甘口をチョイスする事をお勧め致します。

 

スパークリングワイン

発泡性のワイン。シャンパンが有名ですね。白色が基本ですが、ロゼや赤もあります。瓶の中で酵母と眠らせる作り方やスレンレスタンクの中で泡を作るやり方、炭酸を直接注入するやり方と様々な作り方があります。この作り方や気圧の違いで柔らかいクリーミーな泡になったり、ノドにガツンとくるハッキリした泡になるかが変わってきます。またスパークリングワインはラベルに甘辛度が載ってる事が多いので自分の好みの味わいを見つけたらその甘辛度の名前は覚えておいた方が良いでしょうね。

 

酒精強化ワイン

酒精強化ワインとは、保存状態を良くする事を目的にワインにブランデーを添付して造られたワインであります。スペインのシェリーや、ポルトガルのポートワインやマディラワインが有名ですね。味わいはレーズンやバニラやタバコを思わせる様な濃い味わいの物が多いです。個人的には中国の紹興酒が好きな方にはオススメ出来るワインだと思っています。

 

貴腐ワイン

極甘口の白ワインです。世界3大貴腐ワイン、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケン・ベーレン・アウスレーゼ、カナダのトカイ

があります。どれも蜂蜜をのんでいるかのような甘さを感じるほど甘口のワインです。甘く仕上げたフォアグラや濃厚なスイーツなんかと合わせると絶品のワインです。しかしどれも高額なんですがね。

 

 

一般的に、普段のむワインは、赤、白、ロゼ、スパークリングになると思います。まずは自分がどの種類のワインが好きなのか見つけて、その種類のなかでどんな品種がどの国がどの生産者が好きなのか紐解いていくと楽しく呑んでいけると思います!!

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ


search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM