<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

失敗しないワイン選び、肉ワインのススメ  シラー(シラーズ)について

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは博多あゆむです。

今回はシラー(シラーズ)について掘り下げて書いて行きたいと思います。

胡椒の様なスパイシーさを醸し出す肉ワインにもってこいのシラーの味わいや香りなど

 

シラー(シラーズ)の特徴

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味★★★

酸味★★★

苦味★★

渋み★★

 

良く表現される香り

黒胡椒  カシス ビターチョコレート 野生的な香り

 

熟成対応年数

2〜10年※高品質な物は40年以上対応

 

主な産地

フランス・ローヌ オーストラリア

 

よく合う食事

お肉 赤身肉全般 ジビエ

お魚 鰻の蒲焼き

お野菜 きのこ 那須 レンコン

その他 ウォッシュチーズ

 

博多あゆむ的料理とのマリアージュ

※メニューが決まり次第追記致します。

 

シラーとシラーズ先ずはこの違いからご説明いたします。

シラーはフランスのローヌ地区などで呼ばれる名称です。シラーズはオーストラリアで呼ばれる名称です。シノニムと言うんですが、同じ品種でも産地で呼び名が違ったりします。

では全く同じ品種なのかと言いますと、同じは同じなのですがやはり味わいは産地により異なります。ローヌのシラーはスパイシーで上品な味わい。そしてオーストラリアのシラーズでは、果実味つまりジューシー感が強く滑らかなタンニンの骨格のある味わいのワインになります。

シラーと言えば上記二カ国のイメージですが、近年ニューワールドでもシラーの栽培が増えております。単一・ブレンドどちらにも対応しやすく安定した味わいと、美容効果や眼精疲労回復などの効果が期待できるアントシアニンが豊富であり健康にも良いと評価が高まっている為です。

ぶどうの実は大きく育ち、果皮はシッカリ濃ゆい黒色。ただし、オーストラリアでは果実味を生かしタンニンを抑える為に、ブルーベリーぐらいの大きさで収穫する。

 

食事と合わす際に気をつける事。

濃い濃い言われますが、カベルネ・ソーヴィニヨンほどタンニンが多くない為、渋みなどは余り感じないです。ので、しっかりとこってりとした料理と無理に合わせる必要は有りません。

 香りに胡椒のような香りがありますから、チョットだけスパイスを料理に加えてシラー種のワインに合わせて飲んでみると料理と寄り添い美味しく頂けますよ。

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 


失敗しないワイン選び、繊細で優雅なピノ・ノワールについて

JUGEMテーマ:お酒

こんにちは!博多あゆむです。

今回はハマれば抜け出せない人も多い、ピノ・ノワールについて掘り下げて書いて行きたいと思います。

お店でも大活躍で使わして頂くこのピノ・ノワールがどういった味わいでどういったぶどうなのか。

 

ピノ・ノワールの特徴

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味★★★★

酸味★★★★

苦味

渋味★★

 

よく例えられる香り

フランボワーズ カシス 生の赤身肉 バニラ なめし皮 森林

 

主な産地 

フランス・ブルゴーニュ ドイツ  ニュージーランド アメリカ 南アフリカ

 

熟成対応年数

2〜8年※高品質のものは20年以上熟成対応

 

よく合う食事

お肉 鶏肉、鴨肉、豚肉  

お魚 白身の煮付け 赤身の刺身 青魚のバターソテー 

お野菜  那須  里芋  きのこ

その他 トリュフ

 

博多あゆむ的食事とのマリアージュ

※メニューが決まり次第追記致します。

 

 

 

ピノ・ノワールを語る上で、外せないのがフランスのブルゴーニュ地方ですよね。このブルゴーニュで作られる赤ワインのほとんどがピノ・ノワールです。大変繊細なぶどうで、畑の区画が違うだけで味わいが変わる程です。このブルゴーニュを見本として、世界中の醸造家達がワイン造りの勉強をするぐらいブルゴーニュのワイン造りは世界の最先端なのです。また、シャンパンの原料としても使われていて、ピノ・ノワールのみで作られるシャンパンなんかはブラン・ド・ノワールと言われます。

世界中で栽培されていますが、葡萄の皮が薄く病気に弱い為、栽培は難しいです。冷涼な土地で真価を発揮するぶどう品種で、温暖な土地では香りや味わいがボケてしまう事も。

繊細で優雅な味わいのピノ・ノワール歴史は400年ぐらい前からあり、シラーやピノグリ、ソーヴィニヨンブランの祖先でもあります。

 

食事と合わせる時に気を付ける事

味わいが軽いので、淡白な白身のお肉や魚と合わせやすい赤ワインです。 また鰹出汁との相性が良く和食との相性が非常に良いです。

繊細な味わいなため、合わせる料理の個性を強め過ぎるとワインが負けてしまう事が多いです。

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 

 

 


失敗しないワイン選び、名脇役な名優!メルローについて

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは博多あゆむです。

今回、フランスのボルドーなどて高品質なワインを生むメルローについて掘り下げて書いていきたいと思います。ボルドーではブレンド用として使われる事の多い品種ですが、単体でも高品質のメルローは沢山あります。

では、このメルローがどのような味わいでどのようなぶどうなのか。

 

メルローの特徴

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味★★

酸味

苦味

渋み★★

 

良く表現される香り

プルーン  ブラックチェリー  コーヒー  チョコレート

 

熟成対応年数

2〜10年※高品質な物は30年以上熟成対応

 

主な産地

フランスボルドー右岸  アメリカ チリ 日本

 

よく合う食事

お肉  牛すき焼き 豚の角煮

お魚  鮎の甘露煮

お野菜  蓮根のきんぴら 那須の田楽

その他  カマンベールチーズ 赤味噌

 

博多あゆむ的料理とのマリアージュ

※メニューが決まり次第追記致します。

 

メルローは赤ワインの中では中程度の味わいの濃さのワインになることが多く、酸味が少なく渋みもそれほど強くなくマイルドで、かつ果実味はしっかりある為、赤ワインの酸味や苦みが苦手な方は是非メルロー単一を飲んでみて下さい。

本来は、そのマイルドさを生かして、酸味と渋みがギチギチのカベルネ・ソーヴィニヨンとのブレンド用のぶどう品種として親しまれてきました。ですが最近では、ワインにおけるニューワールドにて単一で高品質なメルローが沢山排出されてます。日本のメルローも近年世界的に評価され始めてますよ。

発祥の地はフランスのボルドーでぶどうは早熟で房や実大きく皮は薄い。

 

料理と合わせる際に気をつけること

赤ワインに合いそうな食べ物には比較的合わせやすいメルロー。

お魚料理も煮付けや醤油を使った焼き魚だと合わせやすいかと。

でもあまりに淡白な物などは白ワインと合わせた方が無難ですね。

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 


失敗しないワイン選び、赤ワインの王道 カベルネソーヴィニヨンについて

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは!博多あゆむです。

今回は黒ぶどうの王様カベルネソーヴィニヨンに掘り下げて書いて行きたいと思います!

あの濃厚で渋い味わいのワインがどのぶどうでどのような作られ方で作られてるのか。

 

カベルネソーヴィニヨン

 

勝手に味わいチャート★五段階評価※あくまで大まかな方向性の味わいの五段階評価であり、産地、造り手、生産年、熟成年数などで味わいは変わります。

 

果実味★★★★

酸味★★★★

苦味★★★

渋味★★★★★

 

 

良く表現される香り

ピーマン ユーカリ カシス ブルーベリー バニラ 甘草 干したプラム 樹脂 インク

 

主な産地

フランス・ボルドー  アメリカ  チリ

 

熟成対応年数

4〜10年※高品質な物は半世紀持つことも

 

良く会う食事

お肉 仔羊 仔牛

お魚 油の乗ったサバ

お野菜 豆類

その他 フォンドボー

 

博多あゆむ的カベルネソーヴィニヨンとのマリアージュ

※メニューが完成し次第追記致します。

 

世界的にもカベルネソーヴィニヨンは有名ですよね?1990年ぐらいから世界的に有名なワイン評論家達からカベルネソーヴィニヨンを使ったボルドーワインに高評価をつけたのがきっかけで、他の産地でもボルドーのワイン造りを見本として栽培面積を増やしていき世界的に有名な品種になりました。

また、様々な気候に適応しやすいといこの葡萄の特徴もそれに拍車をかけた要因であるでしょう。

原産地はフランスのボルドーで黒ぶどう品種のカベルネフランと白ぶどう品種のソーヴィニヨンブランの掛け合わせの葡萄品種であり、葡萄の粒は小さく種が大きく皮が厚い。このためワインにすると、タンニンがシッカリとしたワインとなる。また、身が熟すのが遅く、早熟のぶどう品種のメルローやカベルネフランとブレンドして味わいに調和を持たせて作られる。 チリや、オーストラリアなどワインにおいてのニューワルド(新世界)では単一のみで作られる事も多いです。

葡萄が若い時にワインにすると、青臭いピーマンの様な香りになり、熟れてくるとカシスや黒系果実の様な香りになります。

 

 

食事と合わす際に気をつける事

カベルネソーヴィニヨンと言えば強い酸としっかりした渋味(タンニン)ですよね。赤ワインの酸と油ののった物は好相性です。また、強いタンニンににはボリュームのある舌触りの食材とも良く合います。

基本的には魚介とは合わせ辛く、ソースや調理法に工夫が必要です。

赤ワインにはお肉。その典型と言えるワインである事が多いです。

そのため、食事の際はメインのお肉料理とタイミングを合わせて呑むと粋な呑み方が出来ると思います。

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

 

 

 

 


失敗しないワイン選び、ぶどう品種を知ろう/白ワイン編/博多あゆむ

JUGEMテーマ:お酒

 

こんばんは、博多あゆむです。

今回はワインを飲む上で、非常に重要なぶどう品種のご説明を致します。世界的に有名な5種のぶどう品種について書いていきます。

 

世界的に有名なぶどう品種 白ワイン編

 

ぶどう品種を抑えるだけで、見えてくるワインの方向性があります!気になる方は是非チェックを

 

シャルドネ

誰もが一度は聴いた事はある名前なんじゃないでしょうか? 白ワインの女王と表現される程有名で、世界的にも栽培されておりその土地土地で様々な顔の味わいを産んでいるぶどう品種であります。シャンパンなどのスパークリングにも使われます。このシャルドネの特徴は、栽培しやすくかつ、作り手の個性や産地の個性を出しやすい多様性のある味わいになります。

しかし、逆に言えば飲み手からすると、ボトルを開けるまで味わいが分かりづらいという事でもあります。シャルドネは産地を抑えると味わいが分かってくるのでしょうね。

有名な産地はフランスのブルゴーニュや、アメリカや、チリ、オーストラリア、イタリア、スペインでしょうか。大まかな仕分けをすると、トロピカルな味わいが、チリ、オーストラリア、アメリカ、スペイン。ミネラル豊富でキリッとした味わいが、フランス、イタリアです。

食事と合わせる時はブルゴーニュなど冷涼な土地から作られるミネラル豊富でキリッとした飲み口のシャルドネが魚介などと合わせやすいですね。

もっと詳しくシャルドネを知りたい方はこちら

 

ソーヴィニョン・ブラン

ハーブやグレープフルーツの爽やかな香りが特徴のぶどう品種で、有名な産地は、ニュージーランド、フランス、チリ、南アフリカです。中でもニュージーランドのソーヴィニヨンブランはとても高品質で華やかなアロマと、甘さの残し方が秀逸で、和食と合わせるのにも適しています。

大まかに仕分けるとハーブの香りが強く感じるのはチリ、南アフリカ。 グレープフルーツの香りが強く感じるのがフランスとなります。

食事に合わせる時は、先程述べた通り和食、特に野菜料理と合わせたいワインですね。春先に山菜の天ぷらをミネラルたっぷりの塩で食べながらソーヴィニヨンブランを飲んでみて下さい。絶品ですよ!

もっと詳しくソーヴィニヨンブランを知りたいならこちら

 

リースリング

ワイン初心者は初めに飲んで貰いたいぶどう品種ですね。梨やリンゴの香りとキュッと引き締まった酸が特徴的なぶどう品種です。

有名な産地は、ドイツ、フランスのアルザス地方、ニュージーランドでしょうか。

特にドイツは、甘さの表記がラベルに乗っているので好きな味わいを探しやすいと思います。おおまかに味わい仕分けをすると、ドライなワインで選ぶならフランスのアルザス、ニュージーランド。果実味を重視したいならドイツとなります。

リースリングを食事と合わせる時は、揚げ物と合わせてみて下さい。天ぷらやフライとの相性は晴素らしいですよ。

もっと詳しくリースリングを知りたい方はこちらから

 

ゲヴェルツトラミネール

スパイスという意味の白ぶどう品種で、ライチの香りや、白い花のような華やかな香りが特徴です。また、酸味が少なく苦味が多いワインになるので、他のワインとは違うニュアンスを味わえるワインとなります。

有名な産地は、フランスのアルザス地方、ニュージーランド、オーストラリア、カリフォルニアです。

葡萄由来の個性が強いのか、産地による大きな違いはあまり感じられないワインであります。個人的には残糖度が残っていて中辛に留めてある方が美味しく飲めると思います。

食事に合わせる時は、フルーツの果実感のあるソースやフォアグラ、ウニなんかと合うと言われています。

もっと詳しくゲヴェルツトラミネールを知りたい方はこちらから

 

甲州

日本古来の品種で近年世界的なコンクールでも実績をつけつつある日本を代表するぶどう品種です。

和食には甲州といわれてますが、その根拠は日本ワインの大手メルシャンさんが科学的に証明しています。キリンホームページより

ワインの鉄分が魚の生臭さを生む原因だそうで、甲州種から作り出されるワインは極めて鉄分が少ないことから、美味しい和食とのマリアージュを生んでいるのでしょうね。

もっと詳しく甲州を知りたい方はこちらから

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

失敗しないワイン選び、ワインのボディって?/博多あゆむ

JUGEMテーマ:お酒

 

ワイン好きな人にとってボディという言葉は当たり前かも知れませんが、フルボディ?ミディアムボディ?ライトボディ?って何なの?ってなっている人は結構いらっしゃると思います。今回はそのボディについて書きますね。

 

そもそもボディって何?

 

ボディとは主に赤ワインを飲んだ時に使われる味わいのボリューム感を表す言葉です。赤ワインは辛口な事が多い為、甘辛度の表記はほとんど使わずにボディで表します。実はこのボディという言葉、定義というものがあまりありません。飲んだ方の感覚によって意見が割れるという困ったちゃんな言葉です(笑)。というわけであくまでこれは僕の主観としてのボディの表現になります。

 

ライトボディ

ぶどうの味わいが軽く、樽の熟成香もタンニンもほとんど感じられないフレッシュな果実味のワイン。例えば1000円以下の安ワインや大容量の箱パッケージのワインとかはだいたいライトボディですね。ぶどう品種でライトボディが多い品種はボジョレーヌーヴォーで有名なガメイだったり、日本固有品種マスカットベーリーAだったりですかね。

 

ミディアムボディ

ぶどうの味わいは中程度〜しっかりした物で、樽の熟成香やタンニンが程よく感じるようなワイン。例としては1000円代のワインや、イタリアワイン、ブルゴーニュワインなどが多いと思います。ぶどう品種でミディアムボディが多い品種はメルロー、ピノ・ノワールとかですね。

余談ですが、ミディアムボディのワインは食事に合わせやすく、飲食店も使いやすいワインが多いです。

 

フルボディ

ぶどうの味わい、樽の熟成香、タンニン共に高く感じる物。例としては、2000円を超えるボルドーワインや、長期熟成の表記してあるワイン(スペインのレセルヴァなど)。ぶどう品種でフルボディが多いのは、カベルネ・ソーヴィニヨンやジンファンデルです。

 

日本の風潮として、フルボディじゃないと美味しくないと思われてることが多いです。そのせいか、ラベル裏側に表記されているボディ表記にフルボディと書かれていながらも中身はまるで軽いワインだったりとかよくあります。

博多あゆむとしてお店を構えて、ワインと食事の専門店をする上で言います!!食事にはミディアムボディが断然合わせやすいです。

フルボディに合わせるなら食事もしっかりとした濃い物で合わせないとバランスが取れません。食とワインの関係性を重要視される場合は是非ボディに注目してワインを選んでみてくださいね。

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

失敗しないワイン選び!ワインの種類を知ろう/博多あゆむ

JUGEMテーマ:お酒

 

こんにちは!福岡で和食とワインの専門店を開業予定の博多あゆむです。

今日はワイン選びに知って得するワインコラム第1弾

 

ワインの種類について

 

書きます。

ワインといえば皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?

中には難しくて分からない!って方もいらっしゃるとおもいます。そんな方々の為にも分かりやすくご説明出来ればと!

 

ワインの種類には大きく分けて“赤ワイン”白ワイン”ロゼワイン”スパークリングワイン”酒精強化ワイン”貴腐ワイン”などがあります。

 

赤ワイン

文字どうり赤いワインです(笑)何故赤いかといいますと、黒ブドウと言われるブドウからワインとして作られてまして、ぶどうの皮ごと造るから赤い色になります。

赤ワインの特徴と言えば渋みだと思いますが、赤ワイン=渋いとは一概には言えません。使ってるぶどう品種の違いや、お国柄、生産者の個性により変わっていきます。

赤ワインを飲み慣れてない方にとってフルボディの強い渋みは強烈です。先ずはライトボディ〜ミディアムボディから飲んでみるのをお勧め致します。

ボディって何って方は

赤ワインの主要ぶどう品種についてはこちら

 

白ワイン

白ワインの色は透明〜黄色です。こちらは白ブドウから作られています。基本的にはブドウの皮は取ってワイン造りをします。ですから果汁の色がそのままダイレクトにでて透明〜黄色になるのです。
赤ワインのボディと違って甘口だの辛口だので味わいの表記が変わってきます。そして、白ワインも赤ワイン同様、使っているぶどう品種、お国柄、生産者の個性によって味わいが異なります。
ワインのアルコールが強いと感じる方は甘口白ワインから飲んで行く事をお勧め致します。

白ワインのぶどう品種についてはこちらから

 

ロゼワイン

ピンク色のワイン。造り方はいろいろありますが赤ワインの造り方の途中で赤色がつく前に皮を取り出してピンク色に止めるのが一般的。世界で生産されてる量は赤ワインや白ワインに比べて少ないですが、食事に合わせやすく日本でも徐々に人気が出てきてるワイン。味わい評価は甘口〜辛口で表される事が多い。

白ワイン同様、ワインのアルコールが強いと感じるかたは甘口をチョイスする事をお勧め致します。

 

スパークリングワイン

発泡性のワイン。シャンパンが有名ですね。白色が基本ですが、ロゼや赤もあります。瓶の中で酵母と眠らせる作り方やスレンレスタンクの中で泡を作るやり方、炭酸を直接注入するやり方と様々な作り方があります。この作り方や気圧の違いで柔らかいクリーミーな泡になったり、ノドにガツンとくるハッキリした泡になるかが変わってきます。またスパークリングワインはラベルに甘辛度が載ってる事が多いので自分の好みの味わいを見つけたらその甘辛度の名前は覚えておいた方が良いでしょうね。

 

酒精強化ワイン

酒精強化ワインとは、保存状態を良くする事を目的にワインにブランデーを添付して造られたワインであります。スペインのシェリーや、ポルトガルのポートワインやマディラワインが有名ですね。味わいはレーズンやバニラやタバコを思わせる様な濃い味わいの物が多いです。個人的には中国の紹興酒が好きな方にはオススメ出来るワインだと思っています。

 

貴腐ワイン

極甘口の白ワインです。世界3大貴腐ワイン、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケン・ベーレン・アウスレーゼ、カナダのトカイ

があります。どれも蜂蜜をのんでいるかのような甘さを感じるほど甘口のワインです。甘く仕上げたフォアグラや濃厚なスイーツなんかと合わせると絶品のワインです。しかしどれも高額なんですがね。

 

 

一般的に、普段のむワインは、赤、白、ロゼ、スパークリングになると思います。まずは自分がどの種類のワインが好きなのか見つけて、その種類のなかでどんな品種がどの国がどの生産者が好きなのか紐解いていくと楽しく呑んでいけると思います!!

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ

お店のコンセプトは?

JUGEMテーマ:独立開業・起業

初めまして、博多あゆむですです。まだ実店舗も持っていないのにホームページを立ち上げていますが、ブログなどしながらwebの勉強が出来たらなとの思いで書いてます。

そして、この記事を見て同じく自分のお店しようと考えてる方や、飲食店で働いている方などにも何か良い刺激を与えられる事が出あればいいですよね。勿論のこと、もしお店が完成した時に来てみたいと思って貰える店作り、ブログ運営を心掛けます。

 

お店のコンセプトについて

 

 

コンセプトって非常に大事だと思うんです。

ハッキリとした目的が人に分かりやすく、選びやすく。

そして、年齢層やどのようなシチュエーションでのご来店されるかなど。

 

博多あゆむでは、白木のカウンターとシックな店内でお酒に食事を合わせて大人の嗜みを楽しんで頂こう。

具体的に、ワインをメインのお酒とし、ワインとおつまみというテーマのもと、」ワインが引き立つようにひと手間加えて作る天ぷらと炭火料理を楽しんで頂こうという事で

 

天ぷらと炭火とワインをコンセプトにもっていこうと考えています。

 

まだお店は出来てないですが((笑)

 

 

 

トップページはこちらから

人気ブログランキングへ